コンサルタント、医師

緒方 大輔

オガタ ダイスケ

2003年慶應義塾大学医学部を卒業。同大学小児科学教室に入局、大学病院や高度急性期病院において小児および新生児医療に従事する。2013年横浜市立市民病院に赴任後はNICU部門の組織育成や病院再整備事業に携わるが、その過程で多職種協同による組織マネジメントの重要性を痛感し、臨床現場で働きながら2018年慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科「病院経営イノベーションコース」を学び修了。ケースメソッドによる医療組織の人材育成に力を注ぐ。2021年に同院を退職後、「考える」チームリーダー育成と多職種協同の組織運営による患者・職員双方の満足度を高める病院経営を全国の医療機関に普及させたいと考え現職に至る。

専門分野

  • 医療組織の人材育成、組織マネジメント
  • 医療の質、医療安全に関する業務改善
  • 周産期医療倫理

その他の主な資格・役職

  • 慶應義塾大学ビジネススクールケースメソッド授業法研究普及室 ケースメソッドインストラクター
  • 日本小児科学会専門医、認定指導医
  • 日本周産期新生児学会専門医、NCPRインストラクター

これまでの講演テーマ

  • リーダーシップ、チーム医療
  • 周産期医療倫理