コンサルタント、医師、産業医

伴 正海

バン マサウミ

横浜市立大学医学部を卒業後、主に高知県の中山間地域において総合診療医としてへき地医療に従事。同時に県行政において医療提供体制の構築(地域医療構想、医療計画、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病、在宅医療)に従事。その後、厚生労働省において医系技官として地域医療構想や医療計画の策定、医師偏在対策の法改正等に従事し、平成30年3月に退職。
現在は、横浜市や大和市において在宅医療を通じた地域の医療介護従事者ネットワーク構築や、平塚市において認知症初期集中支援事業の推進、医療機関の業務改善等に従事するほか、厚生労働省のタスク・シフティング等勤務環境改善推進事業の検討委員他、複数の委員や研究班研究協力者等を勤めている。

専門分野

  • 地域連携体制(他医療機関、介護施設、地元行政等との連携)
  • 医療政策(地域医療構想、医療計画、医師偏在対策)
  • 地域包括ケアシステム

その他の主な資格・役職

  • 山手台クリニック副院長
  • 横浜市立大学大学院国際マネジメント研究科特任助教
  • 湘南いなほクリニック地域医療担当顧問
  • 一般社団法人高知医療再生機構 特任医師
  • NPO法人にんにん副代表理事
  • 厚生労働省医療計画データブック事業検討委員会委員
  • 厚生労働省タスク・シフティング等勤務環境改善推進事業検討委員会委員
  • 厚生労働科学研究班研究協力者
  • AMED研究班研究協力者
  • 大津市保健医療基本計画専門部会委員

これまでの講演テーマ

  • 地域医療構想、医師偏在対策、医師の働き方改革
  • 地域包括ケアシステム
  • 医療機関の地域戦略
  • 医療政策入門