事業戦略部長、医師

鈴木 裕介

スズキ ユウスケ

2008年高知大学医学部卒業。医師免許取得後、国立高知病院で初期研修を修了し、高知大学附属病院、細木病院など高知県内の病院に勤務。一般内科診療やへき地医療に携わる傍ら、高知県庁内の地域医療支援機構である一般社団法人高知医療再生機構にて広報や医師リクルート戦略、医療者のメンタルヘルス支援などに従事。若手医師仲間と起ちあげた高知の医療広報のための任意団体「コーチレジ」でのプロモーション活動により、高知県の臨床研修マッチング数を5年間で1.5倍に躍進させた実績を持つ。

活動の中で地域医療の本質的な問題解決のためには、経営・政策など医療をマクロにとらえる視点を持つ必要があることを痛感し、コンサルティング会社、聖路加国際病院、慶応ビジネススクールなどで経営企画・ヘルスケアマネジメントを学ぶ。

また、2014年には若手医療職・学生対象に医療政策や経営を学ぶための私塾「RyomaBase」を設立。年間80回以上のイベントを主催し、医療者向けのMBAコースなどを展開。2015年に一般社団法人化および東京支社「RyomaBase Tokyo」を開設。

専門分野

  • 広報資材(動画・紙媒体・webなど)を含めた総合的な医療広報戦略
  • 医師・看護士・その他医療機関におけるメンタルヘルス対策、チームビルディング支援

その他の主な資格・役職

  • 日本内科学会 認定内科医
  • 国家資格 ウェブデザイン技能士2級
  • 一般社団法人 高知医療再生機構 企画広報戦略室長/キャリア支援相談室長
  • 一般社団法人「RyomaBase」代表理事(登記準備中)
  • 高知県臨床研修医メンタルヘルス支援ネットワーク 「セーフティスクラム」共同代表

これまでの講演テーマ

  • 「ハグレ医者 〜臨床だけがキャリアじゃない〜」 (共著・日経BP社 2013年)
  • 「Youtubeでみる身体診察」(共著・メジカルビュー社 2015年)
  • ハピルス健康ポータル「DOCTOR ビジネス健康術」(ベネフィットワン・ヘルスケア)
  • その他メディア取材・講演・コラム執筆多数